TOP サービス内容 メニュー一覧 予約受付 BBS サイトマップ 問い合わせ



























<バーベキューのコツとテクニック>
1.炭は、天火干し
 炭の選び方は、炭のおはなしページで述べていますが、この炭を、より火がつきやすくするため、準備の際に一番に炭の袋を開け天日干しをしましょう。
 1、2時間でもとくに夏の晴天なら「パチパチ」と音を鳴らしながら乾きます。
 これで結構火のつきが違うんですよ!
2.炭を熾すときは、自然の力を利用して
 炭を熾すとき、自然の力を利用すればラクに火を熾すことができます。
自然の力とは、風を利用するのです。
「どうやって?」
 まず炭の置き方、ただコンロに炭を置いて火をつけても、炭は熾せません。空気が通るように、すき間が開くように炭を置いてください。着火剤を使うときは、できるだけ下のほうへ置きます。ですから、 炭・着火剤・炭・炭・・・と言うように置いてあげるといいでしょう。
 icon icon
 また、セレクトツールのページでも紹介しているチムニースターターを使うのもお勧めです。この、チムニースターターは、まさに自然の原理を生かすために作られた道具、これを使えば、火種の古新聞に火をつけるだけで、あとは、何もせずとも勝手に炭が熾ります。

 しかし、チムニースターターを持っていない人は、前述のように、着火剤を使うと思いますが、使い方を間違うと大変事故に繋がる場合があります。チューブの着火剤を使うとき、火がつかないからといって、直接つきかけの炭へ着火剤を絞ると、着火剤を伝って手に持ってるチューブに燃え移り大火傷をしてしまいます。着火剤を足すときは、火のついていない炭に付けそれを、火箸で加えるようにしましょう。
3.肉を焼くときは、炭が白い状態で
 肉でもなんでも炭で焼くときは、炭が白い状態で焼きましょう。
 炎で焼いてしまうとすぐに焦げてしまい、厚めの肉などは中まで火が通りません。 炭の持っている遠赤外線の力を使って食材を中から調理することによって、おいしく焼きあがります。
4.強・中・弱、火力を操り最高の焼き上がりに
 いつもバーベキューをするとき、火力を気にして焼いていますか?
 火力の調節が出来るようになると、食材をおいしく焼くことが出来るだけでなく、メニューのレパートリーも増え、バーベキューがよりいっそう楽しいものへとなりますよね!
 しかし、調節のつまみがあるわけでもなく、炭の火力調節なんて、難しくて無理だと思うかもしれませんが、それを分かりやすくする方法として、JBBQAが提唱している「3ゾーン・ファイアー」「2ゾーン・ファイアー」と言うのがあります。
 これは、コンロ内に3箇所、又は、2箇所の火力の違う場所を作ると言う方法で、食材を移動させ火力を調節します。
 まず、「3ゾーン・ファイアー」の場合熱源(炭)を端に置き、熱源の上から、強、中、弱と温度帯を作ります。
 「2ゾーン・ファイアー」の場合は、両端に熱源を置き、炭の無い真ん中を、中温域とし、主に大きな塊の肉など時間のかかる食材をじっくり焼くときに使います。
 次に、上記のように温度帯を作っても、その温度帯が焼く食材に適した温度か見極める必要があります。慣れた人なら、食材の焼けている音や、状態で判断できますが、なかなか難しいですよね。そこで、JBBQAが提唱している「ミシシッピテスト」と言う温度の測り方あります。
 これは、網の上約20cmのところに手をかざし、
「ワン・ミシシッピ!、ツー・ミシシッピ!、スリー・ミシシッピ!・ ・ ・」
と言いながら、何ミシシッピまで耐えられるかカウントします。
(`з´;)「サーティー・ミシシッピー!!」
ガマン比べじゃないんだからそんなにカウントしたら火傷しちゃうよ!!※火傷には、十分気おつけて!
 ツーミシシッピ〜スリーミシシッピで「あちっ!!]と限界なら高温域、230℃以上ですぐに焦げてしまう火力です。
 フォー〜ファイブで中温域で170℃〜200℃じっくり焼くには適温でしょう。
 テン!ミシシッピ以上数えられれば低温、140℃以下で焼けた食材を保温するのにいいでしょう。
4.食材を焼くときのワンポイント
・お肉を焼くときのポイントは、まず強火で回りを焼き固めることです。弱火で焼いてしまうと、焼ける前に肉汁が出てしまい、ぱさついた肉になってしまいます。とくに塊の肉を焼くときは、強火でしっかり回りを焼き固めてから、中火でじっくり焼くことによってジューシーでおいしいお肉に焼きあがります。

・野菜を焼くときのポイントは乾燥させないように焼くことです。
炭火で野菜を焼くと、どうしてもカラカラになって見た目にもおいしそうではありません。そうならないためには、ハケで野菜に油を塗ってあげるといいでしょう。乾燥を防いでくれるだけでなく、均一に熱を伝えるので、部分的に焦げることなく焼きあがります。また、オイルスプレー を使えば、手軽に最小限の油で調理が出来、カロリーも抑えられるのでおすすめです。
   
 
Produced and Copyright (C) 2008 BBQ Garden All rights reserved.