TOP サービス内容 メニュー一覧 予約受付 BBS サイトマップ 問い合わせ

豊かな森林資源・岩手窯の優れた機能・卓越した生産技術によって生産された岩手木炭は、全国の消費者から高い評価を得て、生産量も全国一と、長年にわたって名実ともに日本一を誇っております。
<炭のおはなし>
炭というと木を焼いて黒くした、木炭を思い浮かべると思いますが、
 
「パンを焼いてたら焦げて炭になっちゃった!!」
?・・・それも炭だけど(- -;)

木炭にもいろいろ種類がありますし、木の他にも竹炭 や、オガクズを圧縮形成した、オガ炭 などがあります。
 また、木炭にも種類があり、大きく分けると[黒炭]と[白炭]に分けられます。
「白い炭?灰てこと?」
 いいえ、白炭とは、灰のことではなく、代表的なものに、[備長炭] が上げられます。
「備長炭が白炭?黒炭と何が違うの?」
 まず、作り方が違います。黒炭は、木を焼くときの温度は、400℃〜700℃くらい、炭窯の火を消すときは、空気を遮断して消火し、そのままゆっくりと冷まします。
それに比べ、白炭は、木を焼くときの温度は、800℃〜1000℃と高温で、炭窯の火を消すのではなく、出来上がった炭を窯の外へ出し、消し粉と言う灰をかけて消火し、一気に冷まします。この、消火のときにかける灰で白く見える事から[白炭]と言われるのです。

 こうして出来た炭は、色だけではなく性質も違います。
[黒炭]は、白炭に比べ、柔らかく簡単に割れます。火つきは良く、その分燃え尽きるのも早いと言う特徴があります。
逆に[白炭]は、硬く、叩くと金属音がします。これを利用して備長炭の風鈴 なども作られています。火つきは悪いですが、一度つけば、長時間に亘って均一で安定した火力を得る事が出来ます。
 このことから、高級品とされ、主に焼き鳥屋や、鰻屋、料亭などで使われています。特に、和歌山県産の物が紀州備長炭 の銘柄で珍重され、炭一本が、数万円で取引される事もあるそうです。
「すっ(@o@)!すーまんエンですかぁ〜」「そんな炭は、とてもバーベキューでは使えませな〜(_ _;)」
 では、バーベキューのときは、どのような炭を使えばいいのでしょうか?
バーベキューに適した炭とは、
  • 火付きがいい
  • 炎が上がらない
  • 煙が出ない
  • 炭が爆ぜない
 このような炭が、バーベキューでは使いやすいです。
こう言う炭は、白炭、黒炭では、黒炭の方ですね。
 白炭は、長時間一定の火力を得られますが、なかなか火がつきません。
「火がつかないと、肉がたべれないよー(TOT)」
それに、黒炭に比べよく爆ぜ、高級な炭ですが扱いが難しいのです。
 ですから、火つきがいい黒炭の方が、バーベキューには適していると言えるでしょう。
そして、黒炭にも種類があり、
  • 椚炭: 切り口が菊の花のように均一に割れることから菊炭ともいわれます。
  • 楢炭: もっともポピュラーで、よく岩手切炭としてうられています。
  • 松炭: あまり目にしませんが、強い火力を得られることから、陶芸用や、鍛冶用として使われます。 
この中の楢炭、岩手切炭をおすすめします。
「もっと安い炭もあるよ!安い方がいいなぁ」
でもね、安い炭は、煙がいっぱい出たり、炭が爆ぜたり、森林破壊にも繋がっている場合があるんです。
「え!?岩手切炭だって木を切って作るんだから森林破壊だよ!」
それが、森というのは一定のサイクルで伐採してあげることによって、そこから新芽を出し、再生能力の高い元気な森に生まれ変わっていくんです。
 手を加えずに年月が過ぎた森は、再生能力の低下や害虫に対する抵抗力がなくなり、死んだ森へとなっていくのです。
「森が死んじゃうの!?」「どうしよう」(-д-;)
この再生サイクルを考えて作られた岩手の木炭、切炭は、使えばエコに繋がる環境にやさしい炭といえます。
 皆さんも、将来のことを考え、バーベキューのときには、是非、岩手切炭を選んでみてください。
Produced and Copyright (C) 2008 BBQ Garden All rights reserved.