TOP サービス内容 メニュー一覧 予約受付 BBS サイトマップ 問い合わせ
リンク先:ホリスティックケア・カウンセラー養成講座トップページ <ちょっと豆知識 
     バーベキューのはじまり>

バーベキューの語源は、スペイン語のバルバコアと言う言葉が転じて、英
語のbarbecue:
バーベキュー、フランス語でとバルブキューとなり、アメリカでは、Bar BQ,
BBQと略称され
ます。
 また、オーストラリアでは、バーベキューのことを、バービーと略すそうで
す。お人形み
たいでしょ・・・

でも、スペイン語のバルバコアとは、羊や豚肉の塊を、バナナの葉で包ん
でじっくりと蒸
し焼きにした料理のことを言うそうです。
 皆さんが、思っているバーベキューのイメージとは、違いますよね。そし
て、バルバコア
の由来は、実は、まったく料理とは関係のない物が元になっていることを
皆さん知ってい
ましたか?

 その昔、カリブ海西インド諸島のハイティ島の住民、タイノー族が暮らし
ていた木造の
家を、南米北部のアラワツク語で、barubukoa バルブコアとよんでいまし
た。それを、島
に上陸したスペイン人が、barbacoaバルバコアと書き取りそれが、カリブ
海諸島全域に
広まり、同じような木造の枠組みや、グリル台、そして、その上で物を焼い
たりすることま
でもバルバコアと呼ぶようになりました。
それが、アメリカに渡り、バーベキューとなり、1709年までには、グリル台
の上で焼いた
肉のことを言っていたが、1733年には、野外パーティーの意味へと変わっ
ていったと言
われています。

 その当時、別に燻製肉、木製の燻製網や、燻製小屋をmoukem ムーケ
ムと呼んでい
たが、フランス人が上陸した際に、これをboucanブーカンと書き写し、今で
は、燻製所
(アメリカインディアンが、肉の燻製に使用した場所)の意味で使用されて
います。
 また、ブーカン料理と言うと、羊の腹の中に、さまざまな鳥や、野菜を詰
めて、丸焼きに
する、なんとも豪快な、クレオール料理を、指すそうです。

 それにしても、アメリカでは、バーベキューパーティーとして、定着してい
ったのにフラン
スでは、ブーカンパーティーと言うのは生まれなかったのですね。
 フランスでも、バーベキューはアメリカと一緒でbarbecue(読みは、バル
ブキュですが)
だそうです。やはり、文化の違いですかね?
 フランス人は、野外で肉を食べるよりテラスでカフェの人々達なのです
ね。
Produced and Copyright (C) 2008 BBQ Garden All rights reserved.